読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供たちとの思い出ポロリ(写真・動画・感想)

子供たちとお出かけしたスポットなどの思い出のレビューなどを投稿しています。

SONY FDR-X3000 三脚シューティンググリップでビデオカメラ化する

f:id:rikochanhayatokun:20160829001925j:plain

初代のSONYアクションカムで、使い勝手の悪さにいろいろと挫折した経験が

あるパパです。

(FDR-X3000で、SONYアクションカムに再び戻ってきました。)


いまでは使えば使うほどFDR-X3000の便利さに感動を思えています。


前回、FDR-X3000のズーム機能をさわってみて、普通のビデオカメラとして十分に使えると確信しました。

rikohayato.hatenablog.com

そこで今回は

SONY純正の「三脚機能付きシューティンググリップ GP-VPT1」を使って

FDR-X3000をビデオカメラ化して実験をしてみました。


ビデオカメラ化については、「フィンガーグリップ AKA-FGP1」「シューティンググリップ VCT-STG1」を使うのが

FDR-X3000の王道なのかもしれませんが、ライブビューリモコンを操作するよりシューティンググリップのボタン操作が楽?私は別の方法にチャレンジしました。


シューティンググリップの場合だと、録画開始、ズームイン、ズームアウト操作が容易に行え、三脚としても機能する便利さがあります。

(子供と一緒に自分も映るのが簡単になりそうですね)

三脚機能付きシューティンググリップ対応結果

【OK!できたこと】


●録画撮影ボタン

録画の開始、停止が手元で安定操作できます。 


●ズームイン・アウトボタン

一応課題はありますが、ズームボタンも機能します。※ただし録画中はズーム機能が効かない。。。


【NG!できなかったこと】


×写真撮影ボタン

FDR-X3000のモードを写真にしても、写真撮影ボタンが機能しませんでした。

えっ?何でと思いましたが、私はあまり写真を重要視しないので良しです。

 

×撮影中のズーム機能

何故か?シューティンググリップでは録画中にズーム機能が使えません。

これが一番つらい・・・

ライブビューリモコンでは、録画中でもズームイン・アウトができるのに残念です。

ファームウェアのアップデートで対応しないか?期待したいところです。

f:id:rikochanhayatokun:20160829002514j:plain

結論

シューティンググリップを使えば、FDR-X3000を超軽量なビデオカメラとして利用することができます。

※ただし、録画中のズーム操作ができない。

素直に「シューティンググリップ VCT-STG1」とライブビューリモコンの組み合わせの方が、ビデオカメラとして使いやすいのかもしれませんね。

ただし、VCT-STG1は結構な値段がします。。。


次回は、一脚を使ったFDR-X3000の便利な使い方にチャレンジしたいと思います。



■三脚機能付きシューティンググリップ GP-VPT1

www.sony.jp

■フィンガーグリップ AKA-FGP1

www.sony.jp

■シューティンググリップ VCT-STG1

www.sony.jp